ここからサイト内共通メニューです。

【募集】復興支援活動へのカンパのお願い

2011年3月11日に発生した東日本大震災から、8年が経過しました。被災地では、未だ5万人余りの人が避難生活を余儀なくされており、福島県ではおよそ3万1千人が放射能汚染によって、故郷を追われたままです。放射能による健康被害について、福島県は甲状腺がんの多発は認めているものの『放射線の影響とは考えにくい』と評価し、あたかも原発事故の被害は終息に向かっているとの見解を示していると言わざるを得ません。生活クラブでの子どもの甲状腺の所見の変化を明らかにする経年変化データの蓄積は、参加組合員一人ひとりとの継続的な信頼関係と協力を得られる協同組合だからこそできることです。その他にも住宅支援を打ち切られるなどさらに過酷な生活を余儀なくされている被災者に今後も継続的な支援が必要な状況です。

生活クラブ神奈川は具体的な支援活動として主に下記の活動を行ってきました。

1)2012年より継続して生活クラブふくしま・栃木の組合員家族を迎えての「夏のリフレッシュツアーin神奈川」の実施
2)福島の子どもと知る権利を守るための活動(甲状腺検診活動)
3)「東日本大震災 復興支援まつり」開催(2013年より毎年開催)
4)東日本大震災復興・支援ネットワーク神奈川の各団体と協力・連携して支援活動の輪を広げ、情報共有、共通の支援活動

2019年度もこれらの復興支援活動を継続していくにあたり、生活クラブ神奈川としてカンパ活動に取り組みます。集めたカンパを、予定している活動費用に充てることで、復興支援を継続してすすめていきます!カンパへの参加(ご協力)をお願いします。


 
班・個別配送組合員の方 デポー組合員の方
金額 1口 500円
締め切り 9/27(金) 10/18(金)
申し込み方法 注文(OCR)用紙裏面6桁番号記入欄に品番(118508)、数量(口数)を記入して提出

※9/9(月)~9/27(金)提出の注文用紙に記載してください。3回の申し込み機会があります
※インターネット注文「eくらぶ」でも申し込めます
9月情報ワーク・デポーフロアで配布の申込用紙に記入してデポーへ提出
申込用紙がない場合はこちらから印刷してください
集金 10月の共同購入代金一括引き落とし 12月の共同購入代金一括引き落とし
※このカンパは寄附先が特定されるため、所得税の寄附金控除の対象にはなりません。



<問い合わせ>
生活クラブ神奈川 政策調整部
TEL:045‐474‐0985(月~金・祝 9:00~17:00)

生活クラブをはじめませんか?

40万人が選ぶ安心食材の宅配・お店の生協です

本文ここまで。
ここから共通フッターメニューです。
共通フッターメニューここまで。