ヒバクシャ国際署名キックオフ集会

2017年7月に国連で「核兵器禁止条約」が採択され、12月にはノーベル平和賞が核兵器廃絶国際キャンペーン(ICAN)に授与されました。
「ヒバクシャ国際署名」は、「後世の人々が生き地獄を体験しないように、生きて入り間に何としても核兵器のない世界を実現したい。」という想いで2016年4月、平均年齢80歳を超えたヒロシマ・ナガサキの被爆者が始めた国際署名です。核兵器禁止条約が議論されている国連総会に2020年まで毎年届けられます。
 
2017年度は、神奈川W.Co連合会、福祉クラブ生協、生活クラブ生協神奈川の三者連携で「ヒバクシャ国際署名 キックオフ集会」を開催し、署名活動をスタート。神奈川ネットワーク運動の438筆と合わせて、生活クラブ神奈川全体で18,893筆の署名が集まりました。
今年度は組合員の家族や学生といったより多くの人へ参加を呼びかけ、「ヒバクシャ国際署名」に取り組みます。キックオフ集会の開催は土曜日ですので、ぜひご家族・お知り合いをお誘いのうえ、ご参加ください。
 
6月23日(土)13:00~16:00
会場:横浜情報文化センター 6F情文ホール
定員:230名

申込締切:5月31日(木)
*申込多数の場合、抽選となります。落選の方のみ、6月にご連絡差し上げます。ご了承ください。

<プログラム>
13:00 開催挨拶
13:05~13:35 和田征子さんによる講演
13:35~15:45 映画「この世界の片隅に」上映
15:45~16:00 18年度の活動計画とアピール
16:00 閉会挨拶

<申込・問合せ>
生活クラブ神奈川 政策調整部(担当:椿山、原)

電話:045-474-0985
参加申込用紙(2枚目下部)(PDF)
 

◆講師プロフィール
和田征子さん
日本原水爆被害者団体協議会事務局次長。神奈川県原爆被災者の会 浜友会会長。
2017年11月、バチカンで開催されたローマ法王庁主催の「核なき世界への道筋を議論し展望を示す国際シンポジウム」に出席し、被爆者として核廃絶を訴えた。

 
◆映画「この世界の片隅に」
原作:こうの史代「この世界の片隅に」(双葉社刊) 監督:片渕須直
第2次世界大戦下の広島・呉を舞台に、絵を描くことが大好きな女性、すずの日常生活が生き生きと描かれている。
昭和20年3月、呉は空襲にさらされ、すずが大切にしていたものが失われていく。それでも毎日は続く。
そして、昭和20年の夏がやってくる━。
>映画公式サイトはこちら
 

 

★「ヒバクシャ国際署名」オンライン署名はこちらから★

子育て応援

放射能検査結果

生活クラブでんき

今月のイベント

生活クラブで働いてみませんか

プレママ・ママが主役

生活クラブ神奈川公式Facebook

これいいクラブ

生活再建支援相談

ページの先頭に戻る