新年のご挨拶(藤田理事長より)

 

あけましておめでとうございます。
本年が皆さまにとってよい年になりますよう、お祈り申し上げます。

 

昨年は生活クラブ生協がメディアに取り上げられる機会が多く、おおぜいの仲間が増え、8万人強の組合員数となりました。2019年も、おおぜいの組合員とともに元気に活動を進めていきたいと思います。

さて、今の社会に目を向けると少子高齢化と格差、貧困の拡大、沖縄の基地問題やエネルギー問題など、社会の抱える課題は複雑さを増しています。未来に希望が持てずに孤立し、不安を募らせている人も多いのではないでしょうか。このような時だからこそ、人と人とのつながりを基本とした協同組合の果たす役割がますます重要となります。

2015年に国連総会で「持続可能な開発のための2030アジェンダ(SDGs)」が採択されました。その基本理念は「誰一人取り残さない」です。協同組合は、その重要な担い手として明記されています。

生活クラブ生協・神奈川では、今年も一人ひとりの命や尊厳が守られる社会、持続可能な社会をめざして「食」・「ケア」・「環境(エネルギー)」・「働く」を共通テーマとして取り組み、組合員の暮らしや地域社会を豊かにしていく運動をすすめていきます。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

生活クラブ生協・神奈川
理事長・藤田ほのみ

子育て応援

放射能検査結果

生活クラブでんき

今月のイベント

生活クラブで働いてみませんか

プレママ・ママが主役

生活クラブ神奈川公式Facebook

これいいクラブ

生活再建支援相談

健康チャレンジ2018

ページの先頭に戻る