生活クラブが第6回環境省グッドライフアワード 環境大臣賞NPO・任意団体部門を受賞しました

地球生態系のためのごみ減量システム

「グリーンシステム」が評価されました

「ごみを出さない暮らし」のために、生活クラブで1994年から導入している「グリーンシステム」は、容器包装ごみを減らすためにリユースびんの規格を数種類に統一して回収・再使用するシステムです。

その取組みと実績が評価され、このたび「第6回環境省グッドライフアワード環境大臣賞(NPO・任意団体部門)」を受賞しました。

 

年間で約500万本のRびんを回収・再使用、東京ドーム約1個分のCO2を削減

 環境省グッドライフアワードは、環境と社会によい暮らし」に関わる活動を応援するプロジェクト。社会をよくする取組みを「環境大臣賞」として表彰、広く発信していくことで、ひとりひとりがライフスタイルを見直すきっかけになることを目指しています。

生活クラブ連合会の「グリーンシステム」は”GARBAGE REDUCTION FOR ECOLOGY AND EARTH’S NECESSITY”(地球生態系のためのごみ減量)の頭文字GREENから名付けられたものです。現在、8種類のリユースびんを採用し、回収を行っている他、牛乳びんのプラスチックキャップなどのリサイクル回収を始めています。

今では毎年約500万本のびんを回収・再使用し、キャップ等のリサイクル回収と併せ、年間あたり東京ドーム約1個分のCO2を削減しています。累計では約1億2千万本にもなり、こういった実績に加え、

 

■数種のビンを様々な食品の容器として使って・洗って返して・また使うというシンプルな取組みであり、だからこそ持続可能であること。
■1994年からガラスびんの良さに注目し、率先して『地球のために』と活動を脈々と受け継いできた人たちのゆるがない大志を感じる。

 

といった内容が高く評価され、今回の受賞となりました。

 

(11月17日の授賞式・生活クラブからは木村連合理事(千葉)が出席しました)

 生活クラブでは、今後も「毎日の暮らしを私らしく豊かにしたい。」方々をサポートし、安心・安全な食品で健康な食べ方を提供していき、「サステイナブル(持続可能)な生き方」を大切にしていきます。

子育て応援

放射能検査結果

生活クラブでんき

今月のイベント

生活クラブで働いてみませんか

プレママ・ママが主役

生活クラブ神奈川公式Facebook

これいいクラブ

生活再建支援相談

健康チャレンジ2018

ページの先頭に戻る