6/9応募締切:ジュース用トマトの収穫作業に参加しませんか?

「計画的労働参加」参加者募集!

生活クラブ消費材「トマトジュース」の安定生産のため、組合員に有償で作業を行っていただく企画です。体験型の「援農」ではなく、「労働参加」ですので、参加者には報酬が支払われます。

<日程>2017年8月9日(水)~8月11日(金)(2泊3日)*雨天決行

<場所>JAながの飯綱支所管内の加工用トマト生産者の畑(長野県上水内郡)

*宿泊先:マウンテンヴィラ「タキハウス」(相部屋となります)

<作業時間と報酬>実動12時間程度で合計8,000円
1日目:実動3時間程度、2日目:実動6時間程度、3日目:実動3時間程度

<募集人数>30名 *応募多数の場合は抽選

<応募対象>組合員とその家族。18歳以上、性別年齢不問。(高校生は不可)

★8/9昼食~8/11の昼食までの食事代・宿泊費は無料。報酬のほかに、自宅から集合・解散場所までの交通費として一律1,400円が支給されます。
★集合・解散場所は新宿駅西口、現地まではバスで移動します。
 
<応募方法>往復はがき(往信の裏面)に①~⑥について、必要事項を漏れなくご記入のうえ、投函してください。
 
○往信欄への記入事項
「トマトの収穫作業参加希望」と明記の上、
①参加者氏名(ふりがな)、年齢、性別
②組合員の氏名と続柄
③組合員コード、業態(班・個配・デポー)
④郵便番号・住所
⑤連絡の取れる電話番号とFAXの有無
⑥以前の参加経験(定植・収穫の参加回数)やその他農業経験の有無について
※「返信はがき」のあて先には、ご自宅の住所・氏名を忘れずご記入ください。
 
▼往復はがきの送り先
〒222-0033 横浜市港北区新横浜2-2-15 パレアナビル5F       
生活クラブ神奈川 事業部 藤原宛
<応募締切>6月9日(金)必着 
<選考結果>応募者全員に返信はがきでご連絡します。(7月3日頃までに)
<お問い合わせ>
電話:045-472-5128(担当:藤原 10:00~16:00)FAX:045-472-0999

◆TPPによる関税率の大幅な引き下げが、国産原料への大きな打撃に◆
国会承認された環太平洋連携協定(TPP)で、ケチャップやジュース等トマト加工品は17~29.8%の関税率は、6~11年目に段階的に撤廃されます。直近3年平均のトマト加工品の国内生産量は30万t、輸入量は26万tですが、6年後からの関税率引き下げが始まります。アメリカはTPPから離脱しましたが、2国間交渉の余地もあり、トマト生産農家にとって大打撃となりかねない状況が続いています。

◆組合員の「計画的労働参加」が持続生産の大きな力に◆
東日本大震災後、原発事故の影響の少なかった地域では栽培が戻りつつありましたが、長野県では異常気象等の影響で厳しい状況が続き、長く加工用トマト収穫量全国1位だった長野県が、2013年度、茨城県に首位を明け渡した後も、面積を減少させています。しかしながら、組合員による計画的労働参加の受け入れ農家では、退職後に郷里で就農するなどの新しい担い手の登場により、作付面積の拡大が予測されています。一方で、生産者の高齢化、担い手不足は変わらず、今後の原料状況はまだ楽観できません。そんな状況の中、組合員による計画的労働参加は、国産加工用トマトの持続的な生産に欠かせない、重要な労働力となっています。


★計画的労働参加にかかる諸経費の一部は、消費材価格に上乗せされるしくみ(トマトジュース1本当たり1.17円/2016年度産)になっています。
信州トマトジュース
班個配:20缶(190g×20缶)1847円(1本当たり92円)
信州トマトジュース食塩無添加 
班個配:20缶(190g×20缶)1865円(1本当たり93円)
*いずれも税込価格。各月1~2回の取組予定。
 
 
 

子育て応援

放射能検査結果

生活クラブでんき

今月のイベント

生活クラブで働いてみませんか

プレママ・ママが主役

生活クラブ神奈川公式Facebook

これいいクラブ

生活再建支援相談

健康チャレンジ2017

ページの先頭に戻る