ジュース加工用トマトの収穫作業に参加しませんか?

「計画的労働参加」参加者募集!

生活クラブ消費材「トマトジュース」の安定生産のため、組合員に有償で作業を行っていただく企画です。体験型の「援農」ではなく、「労働参加」ですので、参加者には報酬が支払われます。

<日程>8月10日(水)~12日(金)(2泊3日)

<場所>長野県内の加工用トマト生産者の畑
*宿泊先:マウンテンヴィラ「タキハウス」 相部屋となります。

<作業時間と報酬>実動12時間程度で合計8,000円
1日目 実動3時間程度、2日目 実動6時間程度、3日目 実動3時間程度

<募集人数>30名 *応募多数の場合は抽選

<募集対象>組合員とその家族 18歳以上、性別年齢不問。(高校生は不可)

★8/10の昼食~8/12の昼食名での食事代・宿泊費は無料です。報酬のほかに、自宅から集合・解散場所までの交通費として一律1,400円が支給されます。
★集合・解散場所は新宿駅西口、現地まではバスで移動します。
 
<応募方法>往復はがき(往信の裏面)に①~⑥について、必要事項を漏れなくご記入のうえ、投函してください。
 
○往信欄への記入事項
「トマトの収穫作業参加希望」と明記の上、
①参加者氏名、年齢、性別
②組合員の氏名と続柄
③組合員コードNo.、業態(班・個配・デポー)
④郵便番号・住所
⑤連絡の取れる電話番号とFAXの有無
⑥以前の参加経験(定植・収穫の参加回数)やその他農業経験の有無などもご記入ください。
※「返信はがき」のあて先には、ご自宅の住所・氏名を忘れずご記入ください。
 
▼はがきの送り先
〒222-0033 横浜市港北区新横浜2-2-15 パレアナビル5F       
生活クラブ生活協同組合 事業部 藤原宛
<応募締切>6月10日(金)必着 
<結果>応募者全員に返信はがきでご連絡します。(7月3日頃までに)
<お問い合わせ>
電話:045-472-5158(担当:藤原 9:30~16:30)FAX:045-472-0999

◆TPPによる関税撤廃で、国産加工用トマトの国産生産は危機的な状況です◆
 昨年10月8日大筋合意された環太平洋連携協定(TPP)で、ケチャップやジュース等トマト加工品は17~29.8%の関税率を、段階的に6~11年後に撤廃、トマトジュースは6年後には関税が撤廃されます。トマト加工品やトマトジュースはTPP参加国から28%輸入しています。国内産の加工用トマトは、加工メーカーとの全量契約栽培で、ほとんどが高品質なストレートジュースとして、輸入品の濃縮還元ジュースとの差別化が図られていますが、段階的な関税撤廃による輸入品の増加により、国産の加工原料用トマトの価格が下落することを農水省でも懸念しています。国が何の手を打たなければ、加工用トマトの国内生産は崩壊しかねません。

◆組合員の「計画的労働参加」が持続生産の大きな力に◆
 東日本大震災後、原発事故の影響の少なかった地域では栽培が戻りつつありましたが、長野県では異常気象等の影響で厳しい状況が続いています。長く加工用トマト収穫量全国1位だった長野県が、2013年度、茨城県に首位を明け渡した後も、面積を減少させました。そんな状況の中、組合員による計画的労働参加は、国産加工用トマトの持続的な生産に欠かせない重要な労働力となっています。計画的労働参加にかかる諸経費の一部は、消費材価格に上乗せされるしくみ(トマトジュース1本当たり1.30円/2015年度産)になっています。


信州トマトジュース
班個配:20缶(190g×20缶)1847円(1本当たり92円)
信州トマトジュース食塩無添加 
班個配:20缶(190g×20缶)1868円(1本当たり93円)
*いずれも税込価格。各月1~2回の取組予定。
 
 

ページの先頭に戻る