「小さき声のカノン」上映会および甲状腺検査活動報告会のお知らせ

映画「小さき声のカノン」上映会および甲状腺検査活動報告会を開催します

日時:2016年2月13日(土) 13:00~

福島第一原発事故以来、生活クラブでは、子どもと「知る権利」を守る活動として、甲状腺検査活動を2012年から継続して行っています。
福島の子どもとの比較と市民の側からの検証として、神奈川でもこれまでこの検査活動に延べ287名の子どもたちが参加しています。
2016年も継続して活動していくため甲状腺検査活動を行ってきたことの意義と目的を再確認するために、これまで関わってくださった道北勤医協の松崎道幸医師を招いて報告会を開催します。
また福島の親子の日常を描いた映画「小さき声のカノン」の上映会と鎌仲ひとみ監督のお話も併せて伺います。
みなさんどうぞご参加ください!!


本作では、福島第一原発事故後を生きる日本、そして1986年のチェルノブイリ原発事故を生きるベラルーシの母親たち、普通の主婦たちが「泣いても何も変わらない」と子どもたちの命を守ろうとする姿がいきいきと描かれている。
事故の衝撃に立ちすくむ時期を過ぎ、希望を作りだす新しいステージに立った今、私たちの「選択」を問う作品となっています。
(製作・配給:ぶんぶんフィルムズ2014年/カラー/デジタル/119分)


日 時:2/13(土) 13:00 (受付12:30)
    第1部 13:00~:「小さき声のカノン」上映会&鎌仲ひとみ監督のトーク
    第2部 15:45~:甲状腺検査活動報告会(松崎道行医師をお呼びして)
場 所:生活クラブオルタナティブ生活館地下1階 スペースオルタ
     (横浜市港北区新横浜2-8-4)

問合せ:生活クラブ神奈川 政策調整部
電 話:045-474-0985 (担当:椿山) チケット代は700円
      お問合わせは2/12(金)までにお願いいたします。


 

ページの先頭に戻る