第10回もうひとつの住まい方推進フォーラム2014

人口減少社会としみんがつくる地域包括ケアシステム
―私がつなぐ「住まい方・暮らし方・働き方」の生活支援ネットワーク―

今回、第10回を迎える「もうひとつの住まい方推進フォーラム」は、その第1回の開催地であった神奈川で開催することとなりました。日本社会のピンチを嘆くだけでは何も解決しないことを知っている「私」たちだからこそ、今回の「第10回もうひとつの住まい方推進フォーラム2014」は、「住まい」「住まい方」の問題だけではなく、「生き方」そして「つなぐいのち」をテーマとして位置づけます。人間としての尊厳をまもり相互に支え合い、のぞましい生存のためにある仕事と働き方を基盤とする生活支援ネットワークを、さらに地域に広げることが大きな課題となっています。最期まで住みなれた「わが家」で普通の生活を送りたいという、一人ひとりの「私」の希望を支えあう協同の営みとしての「住まう」を確認するとともに、「市民がつくる地域包括ケアシステム」の形成に向けた政策課題を共有し、話し合う場にしたいと考えます。今、ここにいる「私」一人ひとりのこととして・・・。 
みなさんの参加をお待ちしております!
 
日時:12月12日(金) 13:15~17:00
場所:横浜市 社会福祉センターホール
参加費:800円 / 学生400円 / 資料代含む
 
●参加申し込み
FAXまたはメールで<氏名・所属・連絡先>をお送りください。
  FAX:045-222-8721
  メール:sanka@systemken.org
 
●問い合わせ
生活クラブ生協 政策調整部(℡045-474-0985)
 
▼プログラム                         
(1)基調講演 社会保障制度改革がもたらすこれからの「日本の福祉」  
  講師:大熊由紀子さん(ジャーナリスト、国際医療福祉大学大学院教授)
(2)トークセッション 少子・高齢・人口減少社会と「私」の「住まう」を創る 
  コーディネーター 小川泰子さん(社福・いきいき福祉会専務理事)
 
<テーマ>
①市民の協同と地域資源を活かすことで実現する“住まい・住まい方”のコストパフォーマンス
 ・住宅設計と住宅種類、契約のあり方・共同住宅等
 ・地域資源の活用、生活支援システムづくり、その仕事と働き方
 ・老後不安・生活費用と経済力
②「非営利・協同」による市民福祉事業形成を支える市民ポートフォリオの拡充
   “個住”から“集住”へ そして“新しいコミュニティ”へ
③地域包括ケアシステムのオルタナティブ(もうひとつの、対案)をつくる
  市民がつくる地域包括ケアシステムの展望と課題
 
<パネリスト> 
・小林秀樹氏 (千葉大学教授 もうひとつの住まい方推進協議会代表幹事)
・佐藤義夫氏 (株式会社日本生活介護代表取締役)
・ 笠原優氏  (泉南生活協同組合理事長、社福・野のはな理事、社福・聖和共働福祉会理事

子育て応援

放射能検査結果

生活クラブでんき

今月のイベント

生活クラブで働いてみませんか

プレママ・ママが主役

生活クラブ神奈川公式Facebook

これいいクラブ

生活再建支援相談

健康チャレンジ2017

ページの先頭に戻る