豆腐が小さくなって利用しやすくなります

『ライブリーかながわ31・33週号』から規格を変更して取組みがスタートします。

31週企画(8/4~)から、国産大豆価格高騰により、組合員価格・規格を見直しました。従来から「生活クラブの豆腐は大きすぎる」という組合員の声もあったことから、今回を機に、もめん豆腐、絹ごし豆腐を380gから300gに小容量化しました。これにより、価格を少しだけ値下げすることが出来ました!
 
 
もめん豆腐 
380g ⇒ 300g
145円(税込157円)⇒140円(税込151円)
 
きぬ豆腐 
380g ⇒ 300g
140円(税込151円)⇒135円(税込146円)
 
 
※上記は班個の規格・価格変更情報です。
※デポーは、店舗により豆腐の生産者、規格・価格が異なります。㈱豆彦のもめん・絹豆腐は8月から班個同様、300gの小容量になります。
 
【申込み方法】 
※詳細は、『ライブリーかながわ』をご覧ください。
・該当週の個人申込書(OCR用紙)に品名が記載されていますので申込み数量を記入してください。
インターネット注文は、該当週を指定してください。
 
 
生活クラブのこだわり豆腐
 
①国産大豆へのこだわり
大豆の国内自給率は約5%。貴重な国産大豆100%の豆腐です。
②にがりへのこだわり
最近は乳化剤、油脂、薬剤等を添加した「乳化にがり」(表記上は「にがり」)が多く出回っていますが、正真正銘のにがりだけを使用しています。
③製造へのこだわり
大豆を煮たりするときに出る泡を消す「消泡剤」も未使用です。不必要な添加物は使わず、手間ひまかけて製造しています。
 

 

 

 

 

ページの先頭に戻る