福祉・たすけあい常設基金に参加しよう

生活クラブ神奈川の組合員の皆さんへ
 
毎月100円の寄付で地域貢献
暮らし住む地域のために、あなたができること・・
『福祉・たすけあい常設基金』に参加しよう!
 
 
☆今の社会は、超高齢少子社会、環境、若者就労、震災復興支援等、様々な問題・課題に直面しています。
 
☆地域には、そのような課題、問題や行政では手が行き届かない地域のニーズに、「なんとかしたい」と様々な分野で市民団体や個人が活動しています。 
 
☆このような地域ニーズに応える市民事業・活動がもっと多く地域に産み出され、活発な活動が拡がっていくことが必要です。
 
☆活動に参加できなくても、「なんとかしたい」という思いはある…。
かながわ生き活き市民基金(仮称)は、様々な仕組みをつくって、その思いを地域に届けます!
 
☆『福祉・たすけあい常設基金』は、2013年4月に創設するかながわ生き活き市民基金(仮称)が行なう基金(助成プログラム)の1つです。
 
 
★福祉・たすけあい常設基金は、こんな基金です。
 
●何を行なう基金?
☆福祉・たすけあい常設基金は、神奈川県内で高齢者、子育て、障がい者支援等、営利を目的とせずに福祉・たすけあいの事業・活動を行っている市民団体や市民の方に助成を行い、事業・活動を支援します。
☆助成を行うお金(助成金)は、組合員や一般の方から寄付を募り、その寄付金から助成を行います。助成は、選考委員会を設け、助成先を決定する予定です。 
 
●どうやって寄付をするの?
☆組合員の方で福祉・たすけあい常設基金に寄付をしてくださる方は、参加同意書※をセンターやデポーに提出してください。2013年7月から「福祉たすけあい常設基金」として、毎月の共同購入代金と一緒に100円が引き落され、福祉・たすけあい常設基金に寄付されます。また、一般の市民の方からは2013年4月から年1口1,200円の寄付も振込や現金等で受けつける予定です。 
※参加賛同書
賛同書は、福祉たすけあい常設基金のニュースについています。この間、下記のようなニュースが入っています(4月にもまた別のニュースが入ります)。
また、これまで生活クラブ福祉たすけあい基金に賛同されていた方には、すでに郵送でご自宅に、『「福祉たすけあい常設基金」への賛同のお願い』が届いていることと思います。新たな基金への移行に賛同される方は、同封されているはがきにご記入いただき、ポスト投函をよろしくお願いします。
 
●寄付したお金は全て助成されるの?
☆助成を行っていくためには、仕組みを維持していくことが必要です。そのために福祉・たすけあい常設基金に寄付されたお金の35%(毎月100円の内35円)を運営費として、かながわ生き活き市民基金(仮称)の事業・活動の維持や助成先の選考、広報・宣伝などに大切に役立てていきます。
☆寄付金は、その年度で助成等、活用していきますが、仮に残金が生じた場合は、有効に活用することを目的に常設基金の趣旨に近い他の基金(プログラム)に振り分けることを検討していきます。 
 
【組合員の皆さんにお届けしたニュースです。クリックすると大きく見ることができます】
 ●福祉・たすけあい常設基金参加同意書はこちらから印刷できます
  ※まだ申請をされていない方は2013年5月末までにお願いします。
 
【組合員の皆さんにお届けしたニュースです。クリックすると大きく見ることができます】
 
【生活クラブ福祉たすけあい基金に賛同されていた方に郵送で届いているお手紙です。
クリックすると大きく見ることができます】
 
 
 

ページの先頭に戻る